乾燥肌の人の入浴剤の選び方とおすすめの入浴剤

乾燥肌の人の入浴剤の選び方

乾燥肌に悩む方は多いと思いますが、そういった方が入浴剤を使う時は特に注意しなければいけません。
こちらでは乾燥肌の人にはどのような入浴剤がおすすめなのか、紹介していきます。

 

やはり一番重視すべきなのは、刺激になりやすい成分が使われていない事です。
合成着色料、合成香料、防腐剤、合成界面活性剤、防腐剤、アルコールなどが含まれていないものが良いでしょう。
乾燥肌の人はちょっとした刺激でもすぐに肌荒れを起こしてしまいます。
なので、こういった刺激になるような成分が含まれていないものを選ぶべきですね。

 

次に、保湿成分が含まれているものもおすすめです。
セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、グリセリン、ワセリン、ホホバ油など、肌を潤してくれる成分が豊富に含まれているものを選べば、乾燥肌も改善する可能性があります。
発汗系など、炭酸ガスが含まれているもの、メントールやミントなどの成分が含まれているものも多いですが、こういったものは乾燥肌の方には少し刺激が強いかもしれません。

 

肌が弱い方やアトピーの方でも使える入浴剤も最近では多くありますし、成分をよく見れば使えるものもたくさんあるかもしれません。
乾燥肌の方は、ぜひご自分に合う入浴剤を探してみてくださいね。

 

乾燥肌の人にオススメの入浴剤

乾燥肌の方におすすめの入浴剤にはどういったものがあるのでしょうか。
こちらではおすすめのものを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

乾燥肌の方におすすめの成分は、セラミド、ホホバオイル、スクワランオイル、ワセリン、米胚芽油などですが、アトピーの方や子供にも使えるのが、「コラージュ Dメディパワー 保湿入浴剤」です。
無色素・低刺激性・動物性フリー・パラベンなどの防腐剤無添加など、とにかく肌への優しさを考えて作られているので、もし乾燥肌の方がいたら、まずこちらを試していただきたいですね。
とにかくうるおい成分がたくさん含まれているので、全身すべすべにしてくれるのはもちろん、乾燥による肌のトラブルを解消してくれます。

 

「2E入浴料」も乾燥肌の方にはおすすめです。
乾燥肌だけではなく、敏感肌の方にもおすすめの理由は、ホホバオイルなどを配合しているので、うるおいが足りないと思っている方にもぜひ試していただきたいですね。
こちらも無香料・無着色・パラベン無添加・鉱物油無添加・弱酸性なので、とにかくお肌に優しい入浴剤となっています。
赤ちゃんにも使えるような優しさの「キュレル」もおすすめですね。
赤ちゃんは乾燥しやすく、お肌が弱いですが、こちらなら毎日使っても問題ありませんので、ぜひ試してみてくださいね。

page top