入浴剤に含まれる成分と効果について

入浴剤の成分

市販でも様々な入浴剤が販売されていますが、どのような成分が含まれているのでしょうか。
こちらでは入浴剤にはどんな成分が含まれている事が多いのか、紹介していきます。

 

入浴剤は大きく分けて無機塩類、生薬類、酵素類、有機酸類、保湿剤、着色剤、その他といった成分が含まれています。
どんな入浴剤でもこれらの成分を様々なバランスで配合している場合がほとんどです。

 

特によく見る無機塩類系入浴剤は、硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム等を主成分とする事が多いです。
温熱効果や清浄効果が高く、お湯の肌触りを柔らかくするので、「お風呂に入って癒される」といった感覚は、この成分からでしょう。

 

生薬類は、温熱効果や免疫力アップが期待できますが、ウイキョウ、オウゴン、オウバク、カミツレ、コウボク、米発酵エキスが多く使われます。
酵素類は皮膚の清潔を保つ効果があり、パパイン、パンクレアチン、蛋白質分解酵素などが挙げられます。

 

その他、有機酸類のコハク酸、フマル酸、保湿剤の液状ラノリン、ホホバ油、グリセリン、着色剤であるリボフラビン、クロロフィル、色素各種など様々な成分が入浴剤には含まれています。

 

入浴剤の効果

入浴剤を入れるのと入れないのとでは効果に大きな効果の違いがあると言われていますが、せっかく毎日入浴するなら入浴剤を入れて様々な効果を期待したいですよね。
こちらでは入浴剤の効果を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

入浴剤といえば、色をつけるだけ、気持ちがリラックスするなどの効果が代表的かと思われますが、入浴剤に含まれている成分によっては他にも期待できる効果がたくさんあります。
まずは保温効果です。

 

入浴剤に含まれている無機塩類が肌の温度を保つ保温効果に優れており、入浴によって得られる温浴効果・清浄効果等をより高めてくれると言われています。
油分が含まれているものも多いですが、保湿成分を配合した入浴剤は、皮膚を乾燥から守り、あらゆる肌トラブルを改善してくれると言われています。

 

炭酸ガスが入ったものは、血行促進効果にも優れており、お風呂から上がってもポカポカが続くといった効果を実感する事ができます。
特に冬場は冷え性に悩む方が多いと思いますが、そういった方には特におすすめですね。

 

一方夏には、清涼効果のある入浴剤を使ってみましょう。
メントールペパーミントオイルなどの清涼成分が配合されていると、スッキリとした気持ちになり、清涼感があると言われています。
お湯に浸かるだけで清浄効果がありますが、配合されている成分によってさらに効果を高めてくれたり、リラクセーション効果ももちろんあり、入浴剤はとても魅力的ですね。

page top